FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットロス症候群

2006–05–05 (Fri) 00:00
彼を亡くしてもう10年以上の時が経ちました・・・。
生後3ヶ月位の子犬の頃にうちに来てそれからずっと
17年以上も家の中で一緒に暮らしてきた子でした。
亡くなった当初の悲しみはそれはもう怖いほどの喪失感で
ほんとにいつかはこの辛さから立ち直ることが出来るんだろうかと
苦しみました。今でも10年以上の歳月が流れても
毎日一度は彼の事を思い出します。
さすがに毎日メソメソ泣く事はなくなったけれど、
可愛がっていた家族を亡くされた方の記事などを読んだ時は
完全にダメですね・・・・。気持ちがリンクされすぎて泣けて泣けてしょうがないです・・・。

IMG_1867.jpg

泣いてるサクをじっと見てます
スポンサーサイト

« 猫草の食べっぷり | HOME |  痛い毛繕い(涙) »

コメント

本当に何ともいえない喪失感ですよね。。。

私は、猫をずっと飼ってたので猫は死期になると、どうにかしていなくなって「死に目」を見せないのが多かったんですが、病気の子や近所の子供達に母がちょっと目を離した隙に虐待されて死んだ子等を思うとやっぱり泣けてきます。

虐待されて死んでしまった子はとても心残りで悔しくて。
あんな子達が大人になると思うと本当にぞっとします。。。

・・・・・・・!

はじめまして、訪問歴からやって来ました。
来てくださってありがとうございます。

私も猫を飼っています。
生後3ヶ月ぐらいに拾った野良猫です。今は我が家の主になっています。(^^;
それまでにもたくさんの動物を飼った経験があります。
しかし、愛する動物より、人間のほうが長生きなもので、
たくさんのお墓を作ってあげました。
元気で生きていた頃、私達家族はとても癒され、励まされた
ように思います。
そして、今も心の中に行き続けています。
切ない気持ちもありますが、きっと天国で元気に私達を見てると思いながら、思い出すことにしています。

みるママさんへ

みるママさんは色んな辛い想いを乗り越えて優しい人になられてるんですね・・・。やはりそんな経験を与えられるのは優しくて強い人だからかな。虐待をするような子達には多くは望まないからせめて普通の心を持った大人になって欲しいです。

大黒天さんへ

お越し下さり有難う御座います!
憧れのログハウスにお住まいで羨ましい限りです♪
カテゴリーのログハウス関連の記事を少しづつ読ませて
頂いてます。わたしは福岡出身ですので大宰府天満宮の記事も懐かしく、奥に九州国立博物館があるとは知りませんでした。
次回帰国の折りには足を伸ばしてみようかと思います。
プロフィールの黒ネコちゃんはぷくぷくしてて、
首に巻いたバンダナ?が良くお似合いですね~。
幸せに暮らしていて楽しくなりますね!

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://jojonote.blog61.fc2.com/tb.php/21-2bc7e453

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

サク

Author:サク
犬好きのサクがJojoと出会い、
初めて猫と一緒の生活を
始めました。はたして
「猫怖い」のサクはJojoを
愛する事が出来るのか!?
Jojoの推定年齢:8~9才
(H18年現在)
猫好きのオットとムスメあり。
米国在住。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。